獺祭

年末年始の休みで、息子が帰ってきた。

帰ったその夜は、高校のクラスメイトと飲み会で朝帰り。
次の夜は、銀行勤め1年生の幼馴染が
仕事が終わって遊びに来てお泊り…。
大晦日も同じ子が出直してのお泊り…。
元日は、その子とそのまま初詣…。
家にゆっくり居たのは、元日の夜と2日のみ…。

そんな息子が、「はい!」と取り出したお土産は『獺祭』
(ダッサイ)
「え?コレ、大丈夫なヤツ?」
「え?」
「え?って…、今、騒いでるじゃない?知らないの?
まぁ、今、店頭で売ってるやつなら大丈夫なんでしょうけど…?」

ダンナはさっそく飲んで、
「こりゃ~、呑み過ぎるわ…」と言っていたが、
わたしは年末年始の仕事もあるので、
酔いが回りすぎる日本酒は敬遠…。

でもまぁ、今夜はいいか…と、
やっと呑んでみることにした…。

まず、匂いを嗅いで、
「なんじゃこりゃ~!」である。
「フルーツ?果物?スイーツ?…」
「何の匂い…?」

恐る恐る飲んでみる…。
スルスルスル~~~。
「なんじゃこりゃ?ホンマに日本酒?米の酒?」

こりゃ、アカン。
ホンマに呑み過ぎる!

「今度は、二割三分を買うて来ちゃるけん!
でも、三割九分が美味しいと、オレは思うけどな」

三割九分でこのスルスル感…。
二割三分って、水かな…?


日本酒って、
ずしっと五臓六腑に染み渡る濃厚さがイヤだったんだけど、
こんなにスルスル軽い飲み口になってしまったら、
ヤバいじゃん?

獺祭スパークリングなんて、
マジ、ヤバいんちゃうん?

いやいや、
庶民は、のどごし生でいいんです!

IMG_20170107_.jpg

でも、ビール系の酒税が一律になったら、どうする?
「恵比寿」も「一番搾り」も「のどごし生」も、
大して変わらない値段になったら…?

その時こそ、獺祭スパークリングをチビチビやるかな…?


うわぁ~、クラクラしてきた~~~。

だから日本酒って、
持続可能じゃないんだよなぁ………。

長い時間を楽しめないんだよなぁ…。





スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

紫しめの

Author:紫しめの
vol.Ⅱへ突入しました!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR