FC2ブログ

どこに住むか

今年は、カップルでやってくる台風が多かったね。

先日の、関東・東北の大洪水のニュースでは、
2011.3.11の津波を思い出した。

仕事の休憩時間に、ニュースを見ていた。
電柱にしがみついていたオジサンを一生懸命見ている間に、
さっき、人が救助された家が流れて流れて消えた…。
あの白い家(へーベルハウスらしい…)がなかったら、
犬を抱いてた人たちも、家と一緒に流されていたのだろう…。

土砂崩れで亡くなった人、
洪水に流されて行方の分からない人…。
どこに住めば安全なのか?
頑丈な地盤に頑丈な家を建てる…しかないか?

我が家を考える。
一級河川からは、1キロくらい。
河川敷よりは、ちょっと高い。
すぐの山はかつての銅山。
沢の筋、水の通り道をわずかに外れている。

へーベルハウスではない…(ーー;)

でもまぁ、助かるか…(・.・;)





で、思った。

従順な犬は、ご主人様のそばにいて、
救助隊の人に助けてもらえるかもしれないけど、
猫は?
気まぐれで自分勝手な猫は、どうしているんだろう?
きっと、必死でどこかに逃げているんだろうけど、
その後、ご主人様と会えるのかなぁ?
「心配だ…」
と、言ったら、娘が、
胸に近いほどの水の中を、
ゴールデンレトリバーを背負って、
必死に逃げているオジサンの写真を送ってきた。

どっちがご主人様なのか…、笑えた。
『犬だろう?犬かきして逃げろよ~!!!』
と、突っ込み入れたけど…、
これも、オジサンの犬への愛なのだ。

数年前に、
サクラという名のゴールデンレトリバーを飼っていた。

足腰が弱っていたら、やっぱ、抱きかかえて…、
いや、ゴールデンは重いから、
やっぱ、このオジサンのように、
背負ってでも連れて逃げるよね…(T_T)

でもさ…、
猫は~?
猫はどうしているの~?
気になるわ~!!!! (p_-)


わたしは、
2匹の猫を両脇に抱えて逃げるつもりは充分にあるんだけど、
そのとき、果たして猫が、
わたしのそばに居るかどうか?
それが問題よね…(T_T)


薄情だからね…。

この前、ばあやが台所で『キャー!!!!』って言ったら、
まったく別の部屋で寝ていた猫が、
廊下でスリップしながら、
勝手口から逃げ出したからね…。
ほんと、薄情だよね…。

でも、可愛いんだけどね…。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

紫しめの

Author:紫しめの
vol.Ⅱへ突入しました!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR