FC2ブログ

お引っ越し②

さて、引っ越し先へは、
荷物を積んだトラックより、かなり遅れて到着…。

イオンの近く…とは聞いていたが、最寄り駅で下車して、
「イオンどこ…?」と問えば、
「もうちょっと先…」
学生らしき集団に逆行して歩く…。
「まだぁ…?」
流れる汗を、一日中首に巻いてるタオルで拭う。
「ここを曲がって線路を渡る。…ほらイオン!」
「遠い!」
「まぁまぁまぁ…、実は、このイオンの対角線上の向こう側…なんだ!」
「はぁ?対角線の向こう側…?」
「でも、イオンの入り口には超近い!」
「駅から遠い…。遠すぎる!二度と来ない…」
「こんなもんだろう?みんな歩いてるよ…」
「遠い…。暑い…。駅から徒歩何分?」
「たしか、10分くらいかな…?」
「ほんとに10分?速足で10分だな…」

やっとのことで、新しい部屋に到達…。
さらに汗だく…。

チャチャっと荷物を降ろしてくれて、
10分間サービスで冷蔵庫と電子レンジを設置してくれる。

さて、日当たり良好はいいのだが、良すぎて暑い!
リビングルームの広さのわりにエアコンが小さく
いつまで経っても部屋が冷えない…。
ふと窓を見ると…
「え?ちょ、ちょっと、
この窓、高さ何センチ?2メートルはあるよね…」
「今までのカーテンじゃ無理か…」
「絶対に無理!しかも、レールがあんなに高い位置じゃ、
踏み台がないと付けられない!どーするんよ!」
「イオンへ行こう!」
「行くしかなかろう…」

確かに、イオンの入り口は近かった。
カーテン売り場は遠かった…。
対角線上の向こう側…っぽい(笑)
さっき下車した駅名がイオンの中にデカデカと
掲示されている…。

215センチのカーテンの無いこと…。
あっても財布と相談したくなる金額…。
「よし!今日は、レースの遮熱カーテンだけにしよう!」
「え?」
「え?じゃない!我慢しなさい!」
半分ケンカ腰でカーテンを買う。
「次は踏み台!」
お金を出す気配のない息子は、荷物持ちに徹する。

また、イオンを対角線の向こう側へと、帰る…(笑)
「あ!サーキュレーター買っといてあげるわ!
あのエアコンじゃ、部屋中には効かないよ、絶対に!…」

引っ越しを手伝いに行ったつもりが、
何だか上手いこと買い物させられている感じ…。

もう1泊して、荷解きを手伝ってほしいような様子だったが、
「やっぱ、帰るわ~。明日、病院の予約あるし、
また、色々落ち着いたら様子見に来るわ…」
「二度と来ないんじゃなかったのか?」
「気が向いたら来るわ。合鍵出しなさい!ほら」
「…なんだ、来るのか…」
「イオンへ買い物に来るわ!(笑)」

ワンルームから1LDKに広くなったので、
ベッド買うだのテーブル買うだのと
何やら妄想を繰り広げているらしい…。

「アンタね、一生に一度の買い物じゃないんだから、
最高級じゃなくていいんだからね!わかってるね!
アパート住まいなんだから!」
「…」
返事しない…。
怪しい。
やっぱ、様子見に行かなくちゃ…。


「また、今回も引っ越し初日に置き去りにしてゴメンね…」
「いーよ、いーよ。前の時も、どうにかなったから、
今度も大丈夫だよ…」
「じゃあね…」
単線に乗って広島駅へ…。
代替輸送で、「こだま」なのに次の駅まで座れもせず…。


家に帰ったのは、22時半…。
疲れた~~~。


「矢掛もかなりの被害があったとか…。
しめのさんは、大丈夫ですか?」
と、葉書が何通も届いていた。
はぁ、みんな優しい…。
ありがたい…。






スポンサーサイト

お引っ越し①

2018/7/18
5月末から計画していた息子のお引っ越し。

大学入学と同時に住み始めたワンルームマンション。
幸いなことに就職後もその部屋から職場に通うことができた。

息子の前の住人は、その部屋に10年住んでいたとか…。
息子も、6年と4か月住んだ。
居心地の良い部屋だったのかもしれない。

しかし、だんだんとモノが増え、手狭になり、
もう少し広い部屋に住みたい!と、言い出した。

5月は物件探しに付き合うことができなかったので、
息子があれこれ一人で決めた。
心配していたが、電気ガス水道などの手続きも
ひとりで出来たようだ。

さて、7月18日。
前夜から泊まりに行き、細々したものを片付けたり、
ゴミを出したり、洗濯したり…。
梱包から依頼していたので、大してすることはなかったが、
それでも、朝4時までゴソゴソと…。

9時に梱包担当の女性たちがきて、11時に梱包終了。

DSC_0922.jpg

午後からの配送トラック到着まで、何もすることがない…。
最後になるであろう階下の珈琲店で、休憩とランチ…。

DSC_0925.jpg

トラック到着2時の予定が3時になった。
約1時間で積み込み完了。
6年間の荷物が空っぽになった。

DSC_0927.jpg

6年前のことを思い出す…。
息子は、6年間のことを思い返しているであろう…。
「この部屋のままでも良かったんじゃないかなぁ…って、
今、思ってない?」
「それを言うなって!」(笑)
埃を残したまま、ドアを閉める。

DSC_0928.jpg

6年間、本当にお世話になりました…m(__)m


汗だくのまま、新居へ向けて、いざ出発~!


~ つづく ~


大変なことになった

2018/7/7
7/5から断続的に降り続いた雨…。
7/7未明、大変なことになった。

20180707-2.jpg

岡山県倉敷市真備町

隣町の我が家は何ともなかったので、テレビを見て
ワーワーオロオロ…。ところが、、
わが町内を走る国道も冠水したらしい情報が…。

20180707-1.jpg

我が家から東の真備町へは当然行けず、
西の町内も、行けず…。
山一つ西の地区も床上浸水…。

いやぁ、陸の孤島とは、まさしくこのことだ…。

断水に備えて水とタバコとビールを買いに行かねば!

ところが、玉島への道も通行止め…。
ガソリンスタンドの知人に聞くと、
矢掛から町外への道は、
遙照山トンネルのみ!とのこと…。

仕方ない…。
遙照山を通って鴨方のコンビニへ…。

コンビニのお兄さんに「大変ですね~」と労われる。
いや、別に被災したわけじゃないんだけど…。
朝からお化粧もせず、マスクまでして行くから、
そりゃぁ被災してるように見えるよね…。
スミマセン…。

今朝は、迂回して迂回して、なんとか出勤した。


日本のあちこちで物凄い被害が出ている。
心よりお見舞い申し上げます。




第62回全国鉄道川柳 広島大会

2018/6/25
行ってきました。竹原へ!

井笠川柳会のバスに便乗させてもらって、
スイスイ楽ちんに行ってきました。
ありがとうございました!

DSC_0915.jpg

色とりどりの紫陽花に感動…。

そして、呼名すること1回のみで、
とても静かに帰ってまいりました…(笑)

その余韻も冷めない内に、
尽力された蔀帆子さんからお礼状。
え~?最後の大会だったの…?
そういえば、来年は○○で会いましょう!と言わなかったなぁ…。
そういうことか…。
それで、帆子さんのあの涙だったのか…。
本当に、お疲れさまでした。
ゆっくり疲れを癒してください。





そして、わたしは…、
参加する予定の川柳大会は秋までないのだけれど、
夏の間は、仕事に追い回されるのだ。

はぁ…。
考えるだけで、ため息…。
想像するだけで、疲れる…。
はぁ…。




プロフィール

紫しめの

Author:紫しめの
vol.Ⅱへ突入しました!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR