無言電話

2月最終日。
18:00 本社からの着信。

わたしのアンテナがピピピ!と動く。
案の定、わたしへの電話。

「本社のFです。お疲れ様です」
と、いつものハスキーボイス。

「あのぉ…、際(キワ)になってしまったんですけど、
わたし、今日で終わりなんです…」
「あぁ…。いろんな新しい人からメールが来るから、
『どうしたの?』って本社に聞いたら、
『Fさん辞めるんです』とは、聞いていたのよ…。
いつで終わりとは聞かなかったけど…」
「今日で終わりなんです…」
「そう。お疲れ様です…。
Fさん、ほんとにサクサク仕事が出来てよかったわ…」
「あ、ありがとうございます…」
「寿退社?」
「なら、いいんですけどね…。違うんです…(・_・;)…」
「あ、そうなの?」
「ええ………。」

突然の無言…。

「じゃぁ、また新しいところで頑張るのね?」
「ええ、まぁ………。」

また、無言。

また、ピピピ…!
『ヒステリー部長の怒鳴り声を聞くのがイヤになったのね?』
と、喉まで出かかったが、ぐっと飲みこんだ。
Fさんの周りに誰が居るか分からないし、
下手な返事もできないだろうから、
しばらく彼女の無言に付き合って、

「本当にお疲れ様でした…」
「お元気で…」
と、お互いに何度も言って電話を切った。

きっと、言いたいことが何かあったんだろうな…。
聞いてあげられなくて、ごめんね…。


今の職場になってから、
Fさんを含め、わたしの相棒たる人が、
何度入れ替わっただろうか…。
Fさんは、長いほう…。

海の向こうからの電話でさえ、
こちらの意気を消沈させるヒステリーの罵詈雑言。
毎日、同じ部屋で聞いていたら、
わたしなら、きっとノイローゼになるよ。
(というか、人間不信…かな?)

それに、電話では言わない罵詈雑言も、
その部屋では飛び交っているはず。

「支配人?あれは、ダメね!」
「しめのさん?あれも、ダメ!」
「あっちにはロクな人が居らんわ!」
「いや、そもそも、岡山にロクな人間が居らん!」
「それ!それ!」
「わっはっはっは~!」

くらいのことは、こちらにも聞こえてきている…。




Fさん、お疲れ様…。

もう少し、ストレスのない生活をしましょうよ。
ね? お互いに…。

この会社だけがゼッタイではないし、
もっと、気持ちよく働けるところは、いくらでもあるはずよ…。


Fさんが、このブログを読むことはないと思うけど、
Fさんに、エールを送ります。

『こんな、社員を大事にしない会社なんか、見捨てて正解!』
『世の中には、アナタをもっと大事に思ってくれる会社が
いくらでも、ある!』
『心配しないで!』



Fさん、お元気で…。
ありがとう…。



スポンサーサイト

第66回 西大寺会陽川柳大会

DSC_0324.jpg

行ってきました!西大寺。

日々体調は悪くても、仕事は暇な時期なので、
早々に句を作って、
あーでもないこーでもないと捏ね回しておりました。

が、やっぱり、ダメなものはダメ…だったのですね。


本日の戦果

「アルコール飲料」
缶チューハイ僕をスーパーマンにする  (しめの)

「汗」
病名を告げられるまで握る汗  (しめの)


以上、終わり。
あとは寝るのみ。(笑)



「猫は戻ったか?」 とか、
「イボは大丈夫か?」 とか、
皆さんに声を掛けていただいて、
本当にありがたかったです。

猫については、
今の職場に迷い込んできた黒猫を連れ帰ったもので、
きっと今の職場とわたしを繋ぐ役目を負っていた猫で、
いま、その職場をやめようか…と悩むタイミングでいなくなったのは、
職場との繋がりが切れる時を示しているのかな…と思う。

ただ、わたしは、
クロタンは、あれからYKKのCMに起用されたんだな~。
と思っている!(笑)
だって、向かいのショウウインドウを眺める黒猫…、
クロタンにそっくりだもん!
(いや、黒猫は、だいたいどれもソックリだけどね…)


あぁ、クロタン幸せになったのね…
と思うことにしている。

クロタ~~~ン!



百条委員会

わたしは体調不良で、今年の夏は多分もたない…と、
本社に報告した。

本社の、わたしの相棒でもあった経理係の女性も、
近々辞めるらしい話…。
なかなか話の早い、聡明な人だったのに…残念。

そこへ持ってきて、
相談も何もしていないはずだが、
職場の若い娘二人が揃ってオメデタ!!
一人は、結婚5年目…かな?
もう一人は、新婚さん。

『おめでとう~!おめでとう~!!』

なんだけど……。
どうなの?
今年の夏は、どうなるの?
稼ぎ時、書き入れ時なのに…。

経験者が居ない、
そして、わたしも居ないかも…。

どうするんだろう?
本社も、『おめでとう』とはいうが、
逼迫した感じが少しもない。
つまり、何も緊急性を感じていないという
末期症状だ…。
『これは、マジ、ヤバい!』
と思っているのは、古くから居るメンバーだけだ。

いつか…、
いつ?
誰が?
何処で?
何を?
どのようにして?
このようなコトになったのか?
という百条委員会が設けられるかもしれないな…。

その時は、確実に手遅れなんだけど…。





確定申告のデモ入力してみた!
うひょ~!
うぷぷ…!
よっしゃ~!
であった…!(笑)



天と馬の境目

脳神経外科的に、この『イボ』が悪さをしないとするなら、
この頭痛、体調不良は、どこから来るのか?

先日のこと、内科の先生が、
「ストレスはありますか?」
と聞くので、
「絶対にストレスあるはずなんですけど、
先日の職場のストレスチェックでは異状なし!ということでした…」
「あぁ、そうですか…(苦笑)…」

で、ストレスについて考えてみた。

【その① 職場のオバサン&若い子】
 どうやら、このわたしよりも更にレベルが低いと見え、
 ワードもエクセルも使いこなせない、
 システムの使い方が理解できない…。
 何度も何度も同じミスをして、
 何度も何度も注意をしなくちゃならない。

今回の社員旅行では、とある古株のオバサンが、
「社員旅行なんて言っても、本社の家族旅行みたいな
ものだから、わたし行かないわ!ね?そうよね?」
と、実施するかどうかも分からない頃から言っていた。
わたしは、昨年のトラウマがあるから
絶対に、しかも、二度と行かない!と決めていた。

しかし、その古株のオバサンは、
参加不参加の表に、いの一番に丸印を付けていた…。
「あんた!行かないんじゃなかったの?」
と、詰め寄るほど、わたしは子どもじゃない…。

しかし、人って、平気で心変わりするんだね。
平気で、自分が言ったこと覆すんだね…。

【その② あのオバサン】
 天然なのか、はたまたお馬鹿さんなのか、
 自分の言葉が相手にどのように受け止められるか?
 そしてどう思われるか?なんてなことは、少しも考えずに、
 純粋無垢であることを自慢するかのように
 さも、自分が皆の代弁者であるかのように言い放ち、
 反対意見が出ると、さっさと弁を翻し、
 「そういう意味じゃなかったのよ~」
 と、自己弁護に走る。
 あくまでも、誰かの為という大義名分のもとの『御為ごかし』だ…。
 親が子に「あなたの為を思って言ってるのよ」と言うのと同じだ。

先日、わたしの脳にイボが発見された時も、
「え~?あなた、いつからそんなに具合が悪かったの…?」
と言い放って、その場にいた他のオバサンが、
志村けんか、桂三枝(いまは文枝)のズッコケぶりを
披露するのではないかと思った。
「いや、もう、2年くらい前から言ってますよ。だから、
他の人に運転を代わってもらったり、長距離なら
バスをチャーターしたりしてるじゃないですか…?」
と、わたしが大人な返答をしたら、
「あら、そう?知らなかったわ…」
ってサラリと平気で言う…。

(オバサン!アンタだけだよ!知らないのは!)

バスのチャーターといえば、
「5,000円は高いわぁ…」
と、言葉にはしないが、態度でプンプン匂わせていたのに、
セレブなマダムが、
「あ~、もう、面倒くさい!そのくらいわたしが出すわよ!」
といったら、
「じゃぁ、お言葉に甘えましょうよ…」
って…!そのオバサン、信じられない反応!(・.・;)

「いやいや、それはちょっと、ダメでしょう?」
と、わたしが反論したら、
「いえね、わたしは5,000円でもいいと思ってたんだけど、
わたしたちみんな年金暮らしだし、
やっぱり5,000円は大金だと思うでしょう?
だから言っただけなのよ…。
みんなが良いならわたしもそれでいいのよ…」

(誰もそんなこと言ってないし!
言ってるのはオバサン、アンタだけだよ!)


仕事でも、天然とおバカの境界線に悩まされ、
趣味でも、天然とお馬鹿さんの境目に翻弄され、

ねぇ、わたしにストレス溜まらない訳がないじゃない!

イボでは仕事辞めれないというし、
ねえ、だれか、わたしを解放させて!


明日は、絶対に、頭痛の薬をもらおう!



放置プレイ

3年連続、健康診断で高血圧…とのこと。
年齢的にも更年期だし…。
まぁ、様子見、様子見で放置しておりましたが、
ついに先日、
2年ぶり、2度目のふわりと意識が遠のく感じに見舞われた。

しかも、運転中で、危ないのなんの!
フラフラしながらバス停に停まって、
「ダメダメ!このまま意識を失ったらダメよ!!」
と、自分に言い聞かす。

「明日こそ、病院へ行こう!」
しばらくバス停で休んで運転再開。やっと家に帰った。

翌日、仕事を休んで、さっそく近くの病院へ。
血液検査、尿検査、心電図、脳CT…。
血圧は相変わらず高く、160/120あたり…。
起床時よりさらに高い。

さて、検査結果…。

「血圧も高いけど、脳のCTに薄い影があります。
こちらの方が大事です。紹介状を書きますから、
脳神経外科を受診してください!」
「意識が薄れる、腕のしびれ、肩こり、
この影が原因の可能性もありますから…。
結果、何でもなければ安心ですし…」

ひえ~~~~!
脳神経外科…。
何の影?脳梗塞?脳腫瘍?
わたし、死ぬの…?
終活しなきゃ…。
子どもたちに、後のこと託せるように、
エンディングノート書かなくちゃ!
ネットのIDやPWも書いておかなくちゃ!

とりあえず、降圧剤を処方された。




それでも、ふわふわ感は続くので、
車に乗るのは危険と思い、
本日、ダンナに仕事を休ませて、紹介状を持って病院へ…。

ふわふわドキドキしながら診察を待つ。
CTはこの前撮ってるから、今度はMRIかなぁ…。

名前を呼ばれる…。
意を決して診察室へ…。

「はい、持ってきてもらったCT画像を見る限り、
これは、『イボ』です。イボ…」
「は?イボ…?」
「はい、頭の中に出来るイボです」
「イボ…」
「正式には、『髄膜腫』という脳腫瘍ですが、
良性の腫瘍、まぁ、イボです。皮膚にできるのと同じです。
これで、何らかの症状が出ることは、ありません」
「あ、ありません…?ではこの不調は…?
つまり、高血圧…?更年期障害…ですか?」
「というところでしょうね…」
(専門外のことだから、ドクターは明言しません)

「まれに、1年~2年かけて大きくなることがありますが、
通常は、年に数ミリしか大きくなりません。」
「そんなに長いスパンですか…」
「3センチ、5センチと大きくなると、
多少の症状は出るかもしれませんが、
それも、10年~20年後のことです。」
「わたし、寿命が尽きているかも…?」
「そういう方も居ます。そのくらい悪さをしない腫瘍です」

「はぁ…、そうですか…。
わたし、コレを理由に仕事をやめるか、
もっと楽な仕事に転職しようと思ってたんですけど…」
といったら、
ドクターが間髪入れずに、
「やめれません!! コレが理由で仕事はやめれません!!!」
「え~っ!(T_T)」

看護師とドクターとわたし、大笑い。

「半年後でもいいんですけど、
大きくなる腫瘍かどうか見るために、
3か月後に予約入れておきましょう…。お大事に…」

IMG_20170213.jpg

「今できる処置は、『放置』です」
「放置プレイ…ですか…(笑)」

で、投薬もなくて、850円なり!
以上、終了!
10時の予約で、11時には病院の駐車場を出ておりました。




ダンナが笑う…。
娘が笑う…。
「イボ?頭の中にイボ~?」

イボ言うな!腫瘍と言いなさい!


さぁ、それでは、高血圧と更年期障害に、
ホンキで立ち向かいましょう…。



イボ…って、ねぇ…。
もうちょっと他の言い方が、あるような…?(ーー;)



プロフィール

紫しめの

Author:紫しめの
vol.Ⅱへ突入しました!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR