気づけば立春も過ぎ…

なんてこったい!

ばたばた、バタバタしていたら、
あっという間に立春も過ぎてしまっているじゃないか!

仕事三昧の正月はあっという間に過ぎ、
1月10日、「新春たましま川柳大会」でバタバタ…。
1月17日、「新春津山川柳大会」でバタバタ…。



≪バタバタその壱≫

川柳が一段落した1月20日、
年末から決まっていたダンナの検査入院。
薬の投与を続けても血圧が下がらない…とかで、
腎機能不全を疑われての検査入院。
いわゆる「腎生検」というヤツだ…。

「高額医療の限度額なんとか申請を出しておいてくださいね」
と言われ、ビビる…。
年末年始を挟んで申請。
それをもって1週間の検査入院。
「貧乏人は病気にならんはずなのに…おかしいなぁ…?」

ダンナのいない1週間…。
ばあやと二人、羽を伸ばした気分…。
なんだろうか、この軽やかさ…(笑)
なんだろうか、この肩の懲りないこと…(笑)

そして、細々と貯めていた貯金が飛んでいった…。
しかも、検査入院では保険金請求ができないという…(涙)

結果は、IgA腎症。
20年経っても透析に至る可能性は低い。
それより、寿命のほうが短いと思う…(-_-)
腎臓病の大方がコレで、「とにかく塩分を控えましょう!」というヤツだ。
しかし、このIgA腎症、今年の1月1日から指定難病になったらしく、
認定されれば、治療費の1割が返金され、
今後の治療費、投薬費も、1割軽減されるとのこと。
退院のその日に書類をそろえて保健所へ申請に行った!(笑)

あ~、バタバタ…。



≪バタバタその弐≫

1月30日、
毎年職場のアルバイトに来てくれていた大学生の男の子が、
家で倒れてそのまま亡くなったとの報せ。
うちの息子と同い年…。
美人薄命とは聞くが、
やっぱ、男の子でもイイ子のほうが短命なのかな…?
ご両親の胸の内を思うといたたまれない。

息子にLINEする。
生きていた。
「金送れ!」と言ってきた。
長生きするわ、コイツ…(ーー;)



≪バタバタその参≫

1月31日、
伯父が死んだとの報せ。

残されたのは、病気と加齢で体の自由がきかない伯母と、
某宗教に憑りつかれている長女夫婦と、
頭のネジがゆるんだ次女夫婦。

長女は親の死に顔も見に来ようとせず、葬式の日にも仕事に行った。
次女は、思ったことを思ったように発言し、
親族の前でも、くだらない夫婦喧嘩を始める…。

それでも、伯父だけに香料は嵩む…(T_T)



≪バタバタその四≫

1月下旬になって、降って湧いたように本社から社員旅行の話がでた。
大慌てでバスをチャーターして参加者を募り、
2月4日、
45人乗りのバスに41人を乗せて、出雲大社へ初詣…。

境港から大根島、このコース、去年とまったく同じなんですけど…?(笑)
バスガイド?わたしがしますけど…?

しかも、話がまとまった後で、伯父が死んだものだから、
旅行のメインの出雲大社には立ち入れず、
バスの中でひたすら寝る…。
なんじゃソレ…?
である…。



≪バタバタその五≫

そして、今日、2月8日、
矢掛の文学「山野文学賞」の表彰式。
昨年は、(昨年も…?)仕事がバタバタしていて、
結局、応募できなかった。
選者の前田一石さんと受賞者のつとむさんを囲んで、
お食事会を開いた。

「一石さんは難しい人…」と、
胸の内のどこかで思っていたのだけれど、そんなことなかった。
大勢に対してヘンなこだわりもなく、
ストレートでいながら心の広い、賢い人だと、今日、思った。




なんてこった…。
この1か月の疲れたこと…。

よ~く考えてみたら、
「○○日の○○時に、○○へ来なさい!」という予定ばかりで、
休みの日も、そうでない日も、
とにかく時間に追われていた。
それに間に合わせようと、バタバタ走り回っていた。

だから、余計に疲れるんだな…。


自ら、今はコレをしたいからコレをする…!
ということのない1か月…。
つまり、
ヒトには余裕が必要ということです。



あ~、今日はビール飲んで、ゲームして寝よ…!




スポンサーサイト
プロフィール

紫しめの

Author:紫しめの
vol.Ⅱへ突入しました!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR