新入社員

え~っと、新入社員が来ました!
55歳男と54歳女。
もう一人49歳女も居ましたが、
一日で「辞退させてください…」と…。

「わたし、苛めてないわよ?」
と、皆に触れ回る。

55歳男は、休みの取れないブラック企業からの転職。
54歳女は、子どもの学費を稼ぐための転職。

実働から2週間たちました。
あぁ…、なるほど…、
彼らの転職に、誰もストップをかけなかった訳だ…。
分かる…。

わたしは体調不良で、もう少し楽な仕事がしたいから
後釜を募集してもらったのだけど、
54歳オバサンの仕事を覚えるペースでは、
わたしは、いつになったら仕事をやめられるのか、
さっぱり、見通しが立ちません。

なるべく優しく分かりやすく簡単なことから
日々教えているつもりですが、
2週間がたっても、チェックなしでは完成しない…。
助手にもならない低レベル…。

「わたしがやった方が早いわ!!」
と、叫びたくなる…。

そこはまぁ、ぐっと我慢をするけれど、
PCシステムの使い方をオバサンに教えてる
オバサンの娘くらいの子が、
「たぶん、わたしの教え方が悪いから、
なかなか覚えてもらえないんだと思います…」
とまで言っている。

あぁ、またしても血圧が上がる日々…。


IMG_20170421_190338.jpg

毎日、ガーデニングして過ごせたら、
血圧なんか上がらないんだろうな…(・.・;)


毎日の仕事を1週間続けても覚えられないなら、
週に一度の仕事はいつになったら覚えるの?
月に一度の仕事は何か月たてば覚えるの?
年に一度の仕事は…?
ねぇ、ねぇ…?
わたし、いつ、辞められますか…?


仕事を覚えられなくて無理なようなら、
早く言ってくださいね。
教える方もかなりのストレスありますから…。

それとも、わたしにダメ出しされたいのかしら?

「同い年のわたしに出来るんだから、
アナタも出来るに決まってるでしょ!
どうして、コレが出来ないの?え?どうして?何故?
出来ない理由を言って!」

とでも言われたいのかしら…?
あぁ、疲れる…。



血圧上がる~~~。




スポンサーサイト

三月晦日

明日から4月だというのに…。
一日中、雨。
夕方には、雪まじりのみぞれ模様。

遠くの山は雪が降ったのか白くなってる。

IMG_20170331_170221.jpg

うちのゴローちゃん色のマットを発見して、即購入!(笑)

IMG_20170331_172755.jpg

ゴローちゃん、ちょっと乗ってみる…。
が、興味なし!のご様子で…ぷいっと逃げる。

ま、ゴローちゃんがごろりと寝るには、
ちょっと小さいか…スマン…(・_・;)


先日、久しぶりに銀行の記帳をしてみたら、
息子の水光熱費がほとんど基本料金に近い。
息子曰く、
「だって、部屋では風呂入って寝るだけだもん…」


明日から4月。

息子に、
『社会人1年生、クリアおめでとう!』
と、ラインしておいた。

きっと、今日も残業なのだろう…。




久々の大人センター

2017/03/11 
お久しぶり~!の大人センター。

えっ~と…いつからやってる?
ん~っと、たぶん、15~6年前から…やってる
『大人センター』…(笑)

そもそも前回はいつだった?

え?前回…?
2年前だろう? いや、1年半前でしょう?
とまぁ、前回すら記憶に薄い、
ざっくり言えばオジオバの4人組…(笑)

冬ですから、フグでしょう…!
と、夜の福山へ繰り出す。

DSC_0333.jpg

まぁ、フグといえば刺身…。

DSC_0336.jpg

刺身を取った後の唐揚げ…。

DSC_0337.jpg

身と皮の間の薄皮?と、エンガワのしゃぶしゃぶ~!
めっちゃコリコリ~!

このあと、フグのアラで鍋~!
(われ先に!で写真撮り忘れた!)
そのあと、雑炊!
(美味い!)

DSC_0339.jpg

そしてデザート。





「次行きますか?」
…の声が出ないまま、
「では、また今度!」
で、馴染みのタクシーを呼ぶ。

「4人の誕生日ごとにやってましたよね?
今日は誰の…?」
とタクシーの運転手に言われて、
「そうだった!昔は年に4回やってた!」
と思い出す始末…(笑)

雪降る夜も、午前3時4時まで飲んで朝帰りをしていた
『大人センター』
それがどうよ…。
シンデレラの魔法が解けないうちに帰宅するように
なってしまった!

自営業のオジサン、
公務員のオバサン、
教師のオジサン、
会社員のわたし…。

わたしは子ども二人、それぞれ自立した。
オジサンたちは、そろって長女が就職、次女三女が大学生。
もう一人のオバサンの子は、この春からいよいよ受験生。

肩の力が一番に抜けたのはわたし。

でも、今回のイチバンのニュースは、
4人共通の知人が、
離婚して自営の店も閉めていたこと!
「え~?マジマジマジ?」
「また、行こうよ!と言うつもりだったのに!」
「え~?なんでなんでなんで?」
「え?言ってなかったっけ?」
「聞いてない!!!」


う~ん。
世の中は、いろんなことが起きるのだ…。




無言電話

2月最終日。
18:00 本社からの着信。

わたしのアンテナがピピピ!と動く。
案の定、わたしへの電話。

「本社のFです。お疲れ様です」
と、いつものハスキーボイス。

「あのぉ…、際(キワ)になってしまったんですけど、
わたし、今日で終わりなんです…」
「あぁ…。いろんな新しい人からメールが来るから、
『どうしたの?』って本社に聞いたら、
『Fさん辞めるんです』とは、聞いていたのよ…。
いつで終わりとは聞かなかったけど…」
「今日で終わりなんです…」
「そう。お疲れ様です…。
Fさん、ほんとにサクサク仕事が出来てよかったわ…」
「あ、ありがとうございます…」
「寿退社?」
「なら、いいんですけどね…。違うんです…(・_・;)…」
「あ、そうなの?」
「ええ………。」

突然の無言…。

「じゃぁ、また新しいところで頑張るのね?」
「ええ、まぁ………。」

また、無言。

また、ピピピ…!
『ヒステリー部長の怒鳴り声を聞くのがイヤになったのね?』
と、喉まで出かかったが、ぐっと飲みこんだ。
Fさんの周りに誰が居るか分からないし、
下手な返事もできないだろうから、
しばらく彼女の無言に付き合って、

「本当にお疲れ様でした…」
「お元気で…」
と、お互いに何度も言って電話を切った。

きっと、言いたいことが何かあったんだろうな…。
聞いてあげられなくて、ごめんね…。


今の職場になってから、
Fさんを含め、わたしの相棒たる人が、
何度入れ替わっただろうか…。
Fさんは、長いほう…。

海の向こうからの電話でさえ、
こちらの意気を消沈させるヒステリーの罵詈雑言。
毎日、同じ部屋で聞いていたら、
わたしなら、きっとノイローゼになるよ。
(というか、人間不信…かな?)

それに、電話では言わない罵詈雑言も、
その部屋では飛び交っているはず。

「支配人?あれは、ダメね!」
「しめのさん?あれも、ダメ!」
「あっちにはロクな人が居らんわ!」
「いや、そもそも、岡山にロクな人間が居らん!」
「それ!それ!」
「わっはっはっは~!」

くらいのことは、こちらにも聞こえてきている…。




Fさん、お疲れ様…。

もう少し、ストレスのない生活をしましょうよ。
ね? お互いに…。

この会社だけがゼッタイではないし、
もっと、気持ちよく働けるところは、いくらでもあるはずよ…。


Fさんが、このブログを読むことはないと思うけど、
Fさんに、エールを送ります。

『こんな、社員を大事にしない会社なんか、見捨てて正解!』
『世の中には、アナタをもっと大事に思ってくれる会社が
いくらでも、ある!』
『心配しないで!』



Fさん、お元気で…。
ありがとう…。



百条委員会

わたしは体調不良で、今年の夏は多分もたない…と、
本社に報告した。

本社の、わたしの相棒でもあった経理係の女性も、
近々辞めるらしい話…。
なかなか話の早い、聡明な人だったのに…残念。

そこへ持ってきて、
相談も何もしていないはずだが、
職場の若い娘二人が揃ってオメデタ!!
一人は、結婚5年目…かな?
もう一人は、新婚さん。

『おめでとう~!おめでとう~!!』

なんだけど……。
どうなの?
今年の夏は、どうなるの?
稼ぎ時、書き入れ時なのに…。

経験者が居ない、
そして、わたしも居ないかも…。

どうするんだろう?
本社も、『おめでとう』とはいうが、
逼迫した感じが少しもない。
つまり、何も緊急性を感じていないという
末期症状だ…。
『これは、マジ、ヤバい!』
と思っているのは、古くから居るメンバーだけだ。

いつか…、
いつ?
誰が?
何処で?
何を?
どのようにして?
このようなコトになったのか?
という百条委員会が設けられるかもしれないな…。

その時は、確実に手遅れなんだけど…。





確定申告のデモ入力してみた!
うひょ~!
うぷぷ…!
よっしゃ~!
であった…!(笑)



プロフィール

紫しめの

Author:紫しめの
vol.Ⅱへ突入しました!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR