第69回西日本川柳大会

行ってきました!西日本川柳大会。
川柳の里、久米南町。

DSC_0760.jpg

言い訳を許していただけるなら…、
5月末の井笠川柳大会のあと、
6月、7月、8月、9月と、
川柳から離れてしまっておりました…。

書き入れ時の仕事と、東京への珍道中、
毎週末にやってくる冠婚葬祭…に追われて、
脳内から『川柳』が、消えておりました。

そんな脳でも、政治家の次に怪しいらしい選者様に選んでいただきました!

「怪しい」  新家完司 選
石けんを変えたのですかお父さん (しめの)

会場内の笑いも十分にいただき、
『川柳脳』が、辛うじて残っていることを嬉しく思いました。

そして、席題も抜いていただき、
『ありがとう』ございました!

席題「ありがとう」  長谷川紫光 選
念仏のように唱えるありがとう (しめの)




昔々のこと、今は亡き裏の家のおばあちゃんが、
熟柿の季節になると、我が家の勝手口に来て、
「ちょっと、あそこの熟柿を採ってくれんかな…?」
と、わたしに所望していた。

渋々、裏の家の畑の隅の柿の木から、
竹竿を巧みに操って熟柿を採ってあげた…。
「ありがとう、ありがとう、ありがとう…。
わたしゃ、この熟柿が好きでなぁ…。
ありがとう、ありがとう、ありがとう…」
と、まるで念仏のように「ありがとう」と言っていた。

うちのばあやは、その念仏を、
「あの『ありがとう』は、ただの口癖じゃけぇ…。
ホンキにしちゃオエン…」
と、一刀両断していた…!(笑)

今、その裏のおばあちゃんの娘が、
「オバチャン!熟柿がなっとるけぇ、採って来たよ!」
と、うちのばあやに、毎日のように
プルンプルンの熟柿を持ってきてくれる…。

「まぁ、美味しそうなのをありがとう!」
ばあやは嬉々として受け取ってほおばっている…。

たとえ口癖でも、たとえ念仏のようでも、
「ありがとう」と言われて嫌な気分になる人は居ない。
ならば、
わたしも、「ありがとう」を口癖にしようか…と思う。

叱ってくれてありがとう。
気付かせてくれてありがとう。
おせっかいをありがとう。

それほどの人格者になれたらいいのだけれど…。


紫光さんがお坊さんと知っての上での『念仏』ですから、
狙って作りました!

はい…!(笑)




スポンサーサイト
プロフィール

紫しめの

Author:紫しめの
vol.Ⅱへ突入しました!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR